スポンサードリンク

うつ病と家族の問題

うつ病と家族の問題

うつ病は、できるだけ早くうつ病の症状に気付いて、適切な治療を受けさせる事です。

うつ病がどのようなものかを本人だけでなく、家族が把握できるように勉強しておく必要
があります。


そして、励まさないで休ませてあげてください。

分かっていても実際生活を共にしていくと、なかなか難しく、ストレスもたまります。


本人がつらいのは当然ですが、一緒にいる家族のほうが参ってしまいます。

うつ病患者を家族に持った人が、うつ病になってしまうケースもあります。

これが、「うつ病は伝染する」という事ではないでしょうか。


家族がつらかったり、落ち込んでいたりすると、

「私のせいだ」「私さえいなければ」と、うつ病患者は敏感に反応します。


本人にも不満が生じやすくなるのはもちろん、うつ病特有の思考パターンのために、家族
が本人のことを理解できなくなることもあります。


注意しなくてはならないこと、うつ病は自殺のリスクがある事を常に頭の中に置く必要が
あります。


本人が自殺願望を口にする事があったら、深刻な状態と判断して、すぐに病院を受診させ
なくてはなりません。


また、うつ病は、そのきっかけとなった出来事、症状、回復に要する時間などには個人差
があります。




タグ:うつ病 自殺
posted by utubyo at 11:49 | うつ病と家族の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。