スポンサードリンク

うつ病になりやすい性格

うつ病になりやすい性格

もし、うつ病になったらどうなってしまうんだろう?

何をやっても楽しくないし、落ち込んでしまい何もやる気がおきなくなり普段の生活が送
れなくなってしまうことがあります。


うつといっても 疲れやすい 何となくやる気が出ない といった軽い症状から

気分が落ち込んで仕事も家事も全くできない、といった重い症状までサマザマですが、



大きな問題は自殺をしてしまう場合があることで、



自殺者は年間3万人を超え、うつ病との関連があるのではとされています。



自殺者が自殺を実行する時の精神状態は、

うつ状態になっていて理性的な判断ができなくなっている事が少なくありません。


うつ病の原因は精神的に疲れてしまったことにあり、


うつ病になりやすい性格は精神的に疲れやすい性格といえ、


また、ガンコ、きちょうめん、まじめ、責任感が強く、仕事熱心という性格です。

他人との関係が円満になるように気を配るという几帳面さもあわせ持っています。


このようなまじめな人は、周囲からの信頼も厚く、頼りにもされて、環境への適応は

たいへんよいように見えますが、


本人は気を使いすぎてストレスをためこんでしまい、がんばり続けてしまいます。


まずいことに、このような性格傾向の人は、真面目すぎて融通がきかないので、

むつかしい状況になると、さらに柔軟性を失ってしまいます。




うつ病にかかりやすい環境・状況

生活状況が変化したときにかかりやすいといわれ、頑張りやでまじめな人が生活の変化に早く適応しようと無理をして心身ともに疲れきって、うつ病になってしまいます。


意外なうつ病の原因

昇進がきっかけとなり、うつ病が発症してしまう事はめずらしい事ではありません。


幸せな出来事もストレス要因

良い事でも本人にとっては大きな心の負担となる事があります。昇進するということはその分責任も重くなります。


気付きにくい「うつ」の初期症状

うつ病の初期症状は日常的に、よくある心身の不調と同じような事が多く、なかなか気付きにくいものですが、症状として代表的なものは、食欲の低下、不眠、倦怠感




posted by utubyo at 16:37 | うつ病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。