スポンサードリンク

うつ病と自殺

●●●●うつ病と自殺


うつ病になると気持ちは過度に落ち込み、なにをするにも楽しくない、やるきも起きません。

そして、考え違いされることも少なくありません。

「病気?」という反応はいちばんわかりやすいでしょう。

「うつ病はなにもしなくても治る」とするなら間違いです。うつ病は放っておいても治りません。


うつ病の恐ろしい点は自殺との深いかかわりにあります。

ここ数年、自殺する人は増える傾向にあり、

年間自殺者は3万人をこえ、交通事故死の3倍強、

自殺者の多くはうつ病ではと言われています。


うつ病になると自責の念にかられ、死にたいという思いが強くなり、

判断力も低下してしまいますので自殺のリスクが大きくなります。

重度うつ病患者は6人に1人が自殺により命を失うといわれています。



自殺は、

うつ病のなり初めや治りかけた時が一番危険な時期です。 



うつ病発病と自殺までの経過は、


引き金となる出来事から

平均11ヶ月で


うつ病の発病


平均2ヶ月後

自殺


と言われています。



 厚生労働省の「職場における自殺の予防と対応」では、

自殺予防の十箇条として

(次のようなサインを数多く認める場合は、自殺の危険が迫っています。
早い段階で専門家に受診させてください。)

@うつ病の症状(体の症状がポイントになります)

A原因不明の身体の不調が長引く

B酒量が増す

C安全や健康が保てない(無謀な車の運転をするとか、病気になってもきちんと
            治療を受けないなど、自己破壊傾向といいます。)

D仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う

E職場や家庭でサポートが得られない

F本人にとって価値あるもの(職、地位、家族\財産)を失う

G重症の身体の病気にかかる

H自殺をロにする

I自殺未遂におよぶ


としています。




●●●●うつ病による人生の損失
http://utubyoo.seesaa.net/article/156047942.html

糖尿病、癌といった他の病気と比べたら人生の損失はどのくらいになるのでしょう。


●●●●うつ病がまねく体の病気
http://utubyoo.seesaa.net/article/156042340.html

うつ病は生活のクォリティを低下させますが、うつ病の影響は精神面のみにとどまらず身体にも影響をおよぼします。


●●●●うつ病の治療法
http://utubyoo.seesaa.net/article/156034467.html

うつ病は心の問題だからほっておけば治る、大間違いです。うつ病は心の病気であるのと同時に、脳のトラブルにも原因があります。



タグ:うつ病 自殺
posted by utubyo at 11:04 | うつ病のリスクと治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。