スポンサードリンク

産後うつ病の症状と特徴

●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、

涙が出たりするのは、

ホルモンのバランスが原因で、

産後2〜3日目になると、わけもなく涙が出てきたり、

家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなることがあります。


これが「マタニティブルー」と呼ばれているものです。


産後1カ月くらいになれば消えていきます。


しかし、憂鬱な気分が数週間経っても収まらず、

以下のような症状が出ている場合は注意が必要です。


●母親としての役割が果たせないと感じる

●育児に自信がないと感じる

●育児に神経質になる

●夫に愛情を感じない

●セックスに興味がない

●子供がかわいくない

●育児を放棄

●月経前後に精神的に不安定になりやすい



ほうっておくと非常に危険な病気で、

密室育児(母子が二人きりの状態)が多いことから

赤ちゃんと一緒に無理心中という事態をひきおこすことがあります。


母親による痛ましい「幼児虐待事件」、その背後にはほとんどの場合産後うつ病が潜んで
いるといわれています。


母親が残虐になってしまったのではなくて、

脳の病気で、母親自身、コントロールがきかなくなっているんです。


実際に、うつ病が発症するのは10%程度、

産後うつ病は出産直後とは限らず、

出産後半年以内いつでも起こり得ると言われています。

死にたい気持ちが生じた時は、すぐに病院を受診してください




●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。



posted by utubyo at 19:16 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。