スポンサードリンク

うつ病の症状と種類

●●●●●うつ病の症状と種類

日常生活全般に生じる「深刻な機能低下」が治療の対象となった場合「うつ病」という表現が使われます。
うつ病での気分の落ち込みは、日常生活で見られる落ち込んだ気分とは比較にならないほど深く、日常生活全般に深刻な支障が生じてしまいます。




●●●●うつ病とは

人口の10%近くの人がかかると言われているうつ病、気分の落ち込みが特徴的な病気です。責任感が強くて頭もよく、頑張ってしまう人が発症しやすいのもこの病気の特徴です。

●●●●うつ病の症状

うつ病は増加傾向にあり、重症のうつ病よりはむしろ軽症のうつ病がふえているといわれています。


●●●●仮面うつ病の症状と特徴

憂うつ状態など精神的な症状が目立たず、食欲の低下・目まい・耳鳴り・疲労感など身体に症状が強く出る病状のことを仮面うつ病と言います。


●●●●否定形型うつ病の症状と特徴

普通のうつ病(定型うつ病) では、何があっても元気が出ないのに対し、非定型うつ病は、出来事に反応して気分が明るくなるのが大きな特徴です。
20〜30代の女性の場合、8割が非定型うつ病にあたるといわれています。


●●●●老年期うつ病の症状と特徴

老年期はうつ病を発生しやすい世代です。うつ病の発生が一番多い世代は中年世代ですが、老年期はそれに次いで多く、発症割合は65歳以上の約5パーセントと言われています。


●●●●甲状腺疾患とうつ病

甲状腺は血液中のヨードを取り込んで、2種類の甲状腺ホルモンを分泌し、このホルモンは脳にも作用するので、量が多すぎても少なすぎても、精神状態に悪い影響が起こってしまいます。


●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーで、憂鬱な気分が数週間経っても収まらない場合は注意が必要です。


●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。




●●●●●うつ病のリスクと治療法

うつ病になると自責の念や死にたいという気持ちが強くなり、判断力も低下してしまうので自殺のリスクが大きくなります。


●●●●うつ病と自殺

うつ病の恐ろしい点は自殺との深いかかわりにあります。ここ数年、自殺する人は増える傾向にあり、年間自殺者は3万人をこえ、自殺者の多くはうつ病ではと言われています。

●●●●うつ病による人生の損失

糖尿病、癌といった他の病気と比べたら人生の損失はどのくらいになるのでしょう。


●●●●うつ病がまねく体の病気

うつ病は生活のクォリティを低下させますが、うつ病の影響は精神面のみにとどまらず身体にも影響をおよぼします。


●●●●うつ病の治療法

うつ病は心の問題だからほっておけば治る、大間違いです。うつ病は心の病気であるのと同時に、脳のトラブルにも原因があります。




●●●●●うつ病の原因

うつ病はこころの燃料が切れて元気がなくなった状態です。こころやからだの様々な症状は燃料が切れているというサインなんです。


●●うつ病になりやすい性格

うつ病の原因は精神的に疲れてしまったことにあり、うつ病になりやすい性格は精神的に疲れやすい性格といえます。

ガンコ、きちょうめん、まじめ、責任感が強く、仕事熱心という性格です。


●●うつ病にかかりやすい環境・状況

生活状況が変化したときにかかりやすいといわれ、頑張りやでまじめな人が生活の変化に早く適応しようと無理をして心身ともに疲れきって、うつ病になってしまいます。


●●意外なうつ病の原因

昇進がきっかけとなり、うつ病が発症してしまう事はめずらしい事ではありません。


●●●●●家族とパートナーのうつのチェックポイント

話しかけても返事をしない、セックスを拒否するようになった。


●●●●うつ病と家族の問題

うつ病は、できるだけ早くうつ病の症状に気付いて、適切な治療を受けさせる事です。


●●●うつな人に言ってはいけない言葉

頑張れ、これはうつ病の人に言ってはいけない言葉の代表格です。


●●うつの人への正しい接し方

話をゆっくりと聞くことです。たとえグチをこぼすだけであっても、話しを聞くことによって、心の緊張を軽減できます。相手が話している間は、なるべく口を挟まないようにしましょう。




posted by utubyo at 13:06 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病とは

●●●●うつ病とは

人口の10%近くの人がかかると言われているうつ病。

気分の落ち込みが特徴的な病気で、

精神科に加え、神経科、心療内科、メンタルクリニックなど、気軽に訪れられる医療機関が増えたとはいえ、まだまだ身近とは言えないのではないでしょうか。


気分の落ち込み自体は、日常生活で誰でも経験しますが、うつ病と正常範囲

の気分の落ち込みを分ける境界ははっきりしません、


うつ病での気分の落ち込みは、その症状の深刻さと症状の持続期間によって、

正常範囲の気分の落ち込みと区別されます。


今まで楽しめていたことが楽しくない、何をしていてもだるい、人と会いた

くない、イライラしてまわりの人にあたってしまい、自分が情けなくなり落

ち込んで、理由もなく涙がでてしまう。



脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量が減少し、

情報伝達がスムーズに行われていないことがわかっています。

うつ病は脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっていることから起こる疾患で、

気持ちの持ち方とか精神論で解決できるものではありません。


責任感が強くて頭もよく、頑張ってしまう人が発症しやすいのもこの病気の特徴です。




●●●ホルモンとの関係

「気分」では解決できないもう1つの大きな問題がホルモンとの関係です。




タグ:うつ病
posted by utubyo at 12:07 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルモンとの関係

●●●ホルモンとの関係

「気分」では解決できないもう1つの大きな問題がホルモンとの関係です。




月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)(PMS)

排卵後から月経が始まるまでの間に、身体の変化や、心の変化の波が起き、自分の感情をコントロールできなくなり、自分にとって一番心許せる人に当たってしまったりすることがあります。


産後うつ病

うつ病がやや出やすくなります。一般女性のうつ病になる確率は女性全体の
12〜13%といわれていますが、産後3ヵ月以内の女性は、統計的にそれより高い頻度で発症するといわれています。


更年期うつ病

更年期の女性たちは忙しく追われてきた子育てが一段落し、子供がそろそろ
独立し、やがて親のもとを巣だっていく頃にあたります。家庭は空っぽになって孤独感や虚無感に襲われ、肉体的にも精神的にも不安定な時期でもあります。




posted by utubyo at 10:34 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)(PMS)

●月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)(PMS)

排卵後から月経が始まるまでの間(基礎体温が高い時期)に、


身体の変化

●胸のはり

●腰痛

●肩こり

●むくみ

●便秘

●下痢

●頭痛

●吹き出物

●眠気

●疲労感など


心の変化

●イライラ

●憂鬱

●過食

●無気力

●集中力低下など

身体の変化、心の変化の波が起こることをいいます。


自分の感情をコントロールできなくなり、自分にとって一番心許せる人に当たってしまったりすることがあり、

周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)です。

別名、月経前緊張症といいPMSとも呼ばれ、Premenstrual Syndromeの略です。

月経が始まると同時にこれらの症状は治まってしまうケースがほとんどで、

排卵後のホルモンバランスの変化によるものと言われていますが、まだはっきり分かっていません。




産後うつ病

うつ病がやや出やすくなります。一般女性のうつ病になる確率は女性全体の
12〜13%といわれていますが、産後3ヵ月以内の女性は、統計的にそれより高い頻度で発症するといわれています。


更年期うつ病

更年期の女性たちは忙しく追われてきた子育てが一段落し、子供がそろそろ
独立し、やがて親のもとを巣だっていく頃にあたります。家庭は空っぽになって孤独感や虚無感に襲われ、肉体的にも精神的にも不安定な時期でもあります。




posted by utubyo at 09:39 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後うつ病

●産後うつ病

うつ病がやや出やすくなります。

一般女性のうつ病になる確率は女性全体の12〜13%といわれていますが、

産後3ヵ月以内の女性は、統計的にそれよりも高い頻度で発症するといわれています。

産後のうつ病は自分だけで治すのは難しく、

放置すれば慢性化・重症化の心配があり、

無理心中や幼児虐待など悲劇につながる可能性もあります。


心の症状

● 母親としての役割が果たせない

● 育児に自信がない

● 子供の将来を過度に心配する

● 育児に神経質になる

● 夫に愛情を感じない

● 子供がかわいく思えない

● 将来に対する希望がなくなる

● 育児の放棄する


などがあげられます。

危険な病気です。

早めに気づいて、母親と子供のために一刻も早く受診するようにしてください。




更年期うつ病

更年期の女性たちは忙しく追われてきた子育てが一段落し、子供がそろそろ
独立し、やがて親のもとを巣だっていく頃にあたります。家庭は空っぽになって孤独感や虚無感に襲われ、肉体的にも精神的にも不安定な時期でもあります。




タグ:産後うつ病
posted by utubyo at 15:09 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更年期うつ病

●更年期うつ病

更年期の女性たちは忙しく追われてきた子育てが一段落し、子供がそろそろ

独立し、やがて親のもとを巣だっていく頃にあたります。

家庭は空っぽになって孤独感や虚無感に襲われ、

肉体的にも精神的にも不安定な時期でもあり、


そこから逃れるために、手近かにあるお酒に手をのばすうちに、
キッチン・ドリンカー(キッチンでお酒を飲む人)になってしまい、
飲酒から体を壊してしまうよう人もいます。


こうした40歳から65歳頃の女性にみられるうつ病は更年期うつ病といわれ、

そのような症状を空(から)の巣症候群とも呼ばれています。


内交的で、人と付き合うのがにがてで、家にいるほうが好きというタイプに多く、子育てを生きがいとしてきた良妻賢母型の専業主婦で、更年期や夫との絆の弱さなどの要因も指摘されています。

頭痛、肩こり、胸苦しさ、吐き気、食欲低下、不眠などの身体症状を伴うことが多く、
誤診されやすいのもこの空(から)の巣症候群の特徴です。




posted by utubyo at 18:09 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の症状

●●●●うつ病の症状

うつ病は増加傾向にあり、重症のうつ病よりはむしろ軽症のうつ病がふえているといわれています。軽症のうつ病の場合は、本人にも自覚されにくい場合もあり、周りの人から見てもわかりにくいという傾向があります。

    うつ病は早期に気づいて治療することが大切です。




気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする

「うつ病」の人は、気持ちが沈み込んで憂うつになっていることがよくあり、
憂うつ、悲しい、希望がない、落ち込んでいる、と思い悩みます。


今まで楽しめていた事を楽しむことができない

これまで楽しんでいた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態になります。


食欲の変化(食欲不振・過食)

うつ病では食欲が低下してきますが、それとは逆に食欲が亢進することもあり、甘い物などきまった食べ物ばかりほしくなることがあります。


睡眠の変化(不眠または過眠)

うつ病では不眠がよく知られるところですが、寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めて寝つけなくなったり、「午前三時症候群」朝早く目が覚めてしまったり、夢にうなされることもよくあります。


精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、他人から見てもはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、このような状態を、精神運動制止と言われています。


日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




posted by utubyo at 16:38 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする

●気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする

「うつ病」の人は、気持ちが沈み込んで憂うつになっていることがよくあり、

●憂うつ、

●悲しい、

●希望がない、

●落ち込んでいる、

人によってはこうした気持ちを表にださないこともあり、

●いまにも泣き出しそう、

●憔悴しきった雰囲気

から気づかれることがあります。


このような症状は午前中にひどく、

夕方にかけて改善していくこともあり、

憂うつな気分を感じているときは、

身体の痛みや倦怠感などの身体の不調が出たり、
イライラ感が強く、怒りっぽくなったりと、

うつ病の症状なんですが、それが性格と間違われて、
気づかれにくくなってしまうことがありますので注意しなくてはなりません。




今まで楽しめていた事を楽しむことができない

これまで楽しんでいた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態になります。


食欲の変化(食欲不振・過食)

うつ病では食欲が低下してきますが、それとは逆に食欲が亢進することもあり、甘い物などきまった食べ物ばかりほしくなることがあります。


睡眠の変化(不眠または過眠)

うつ病では不眠がよく知られるところですが、寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めて寝つけなくなったり、「午前三時症候群」朝早く目が覚めてしまったり、夢にうなされることもよくあります。


精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、他人から見てもはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、このような状態を、精神運動制止と言われています。


日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病
posted by utubyo at 16:05 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今まで楽しめていた事を楽しむことができない

●今まで楽しめていた事を楽しむことができない

これまで楽しんでいた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態になり、

何をしてもおもしろくないし、

何かをしようという気持ちさえ起きなくなってきます。

友人と会うのが楽しみだったのに、会うきもおきないしうっとうしい、

運動が好きだったのに熱中できず、スポーツ番組やドラマを見てもおもしろくない。

音楽を聴くのが好きだったのに、好きな音楽を聴いて感動もできず、


性的な関心や欲求もキョクタンに低下します。


自分の世界に引きこもるようになり、

その変わりようは、まわりの人から見れば、

不思議に思えるほど変わってしまいます。




食欲の変化(食欲不振・過食)

うつ病では食欲が低下してきますが、それとは逆に食欲が亢進することもあり、甘い物などきまった食べ物ばかりほしくなることがあります。


睡眠の変化(不眠または過眠)

うつ病では不眠がよく知られるところですが、寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めて寝つけなくなったり、「午前三時症候群」朝早く目が覚めてしまったり、夢にうなされることもよくあります。


精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、他人から見てもはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、このような状態を、精神運動制止と言われています。


日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病
posted by utubyo at 15:23 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食欲の変化(食欲不振・過食)

●食欲の変化(食欲不振・過食)

うつ病では食欲が低下してきますが、

それとは逆に食欲が進むこともあり、

甘い物などきまった食べ物ばかりほしくなることがあります。

食欲がなくなった人は食べなくてはいけないと思うあまり、

口の中に無理に押し込んでいる、と訴えることがあり、

あまりに食欲がなくなって、1ヶ月に体重が4〜5キロへってしまうこともあります。


過食、過眠、イライラなど、逆の症状もあります。

回復期には、過食、過眠が出ることが少なくありません。

これは、それまで脳が要求していたのに出来なかったこと、

脳の疲れを癒すことが出来なかったので、

回復期に入って取り戻しているものと考えられています。




睡眠の変化(不眠または過眠)

うつ病では不眠がよく知られるところですが、寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めて寝つけなくなったり、「午前三時症候群」朝早く目が覚めてしまったり、夢にうなされることもよくあります。


精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、他人から見てもはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、このような状態を、精神運動制止と言われています。


日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病 過食
posted by utubyo at 14:18 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠の変化(不眠または過眠)

●睡眠の変化(不眠または過眠)


うつ病では不眠がよく知られるところですが、
寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めて寝つけなくなったり、朝早く目が覚めてしまったり、夢にうなされることもよくあります。

朝早くから目が覚めるのはうつ病の特徴で、「午前三時症候群」とも言われています。


中途覚醒の場合、寝入りは良いですが、2〜3時間で目が覚め、その後は努力しても眠れず、明け方に2度寝し、ボーとした状態で出勤をくりかえします。


早朝覚醒の場合は、いつも起きる時間の1時間前ぐらいに目覚めてしまい、起きるには早いので、布団の中でなんとなく過ごします。
仕事に集中できず、昼食後は猛烈な眠気におそわれます。


うつ病にかかっている人は、早く目が覚めたからといって、すぐ起きあがれるわけではなく、布団のなかで思い悩んでいることがよくあります。

逆に、睡眠時間が極端に長くなったり、日中も寝てばかりいるといった過眠症状が現れることもあります。




精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、他人から見てもはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、このような状態を、精神運動制止と言われています。


日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




posted by utubyo at 16:17 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

●精神運動障害(強い焦燥感・運動の制止)

うつ病になると、見てはっきりとわかるくらい身体の動きが遅くなり、口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります、さらに一層強くなると、ほとんど寝たきりのような状態になることもあります。

このような状態を、「精神運動制止」といいます。

いくら気力をふるいたたせてしようとしても何事もできなくなってしまい、本人自身はそのことにたいへん苦しみ、自責の念すら感じています。


逆に、「不安」のために、

じっとしていられなくなった状態を「焦燥(イライラ)」といいます。

じっと座っていられないほど焦燥感が強くなり、イライラして足踏みをし、落ち着きなく身体を動かしたり、するようになることもあります。

焦燥感が強くなっているときはつらさを何とかしようと、

あまりに焦って話し続けたりと、表向きには元気そうに見えてしまいますので、

うつ病と気づきにくいので注意するひつようがあります。

このような「不安・焦燥」の症状が特に目立つタイプのうつ病があり、50〜60歳位の女性に多いといわれています。

このタイプのうつ病では、「不安・焦燥」自体が耐えがたいものですから、

自殺に結びつきやすく、特に注意が必要です。




日常生活における活動量の極度な低下

気力が低下して何をする気もおきなくなり、服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになります


自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




posted by utubyo at 14:54 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常生活における活動量の極度な低下

●日常生活における活動量の極度な低下


ほとんど動いていないのにひどく疲れたり、

身体が重く感じられたりすることがあるのも、うつ病の症状の一つです。


気力が低下して何をする気もおきなくなり、


服を着るといった日常的なことでさえ時間がかかるようになりますので、

何とかしなくてはと気だけ焦るのですが、

それをするだけの気力がわいてこないんです。




自信がなくなり、自分を責めるようになる

うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。


思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病
posted by utubyo at 13:52 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自信がなくなり、自分を責めるようになる、罪の意識を感じる

●自信がなくなり、自分を責めるようになる、罪の意識を感じる


うつ病になると、理由もなく自分を責めたり、過去の些細な出来事を思い出しては悩んだりすることがよくあります。

ささいなことを考え込んでしまい、
くりかえし何度も人に確認をするようになることもあります。

こうした状態が進むと、

仕事がうまく進まないことや、会社の業績が落ちていることまで自分の責任のように思えたり、不景気なったことまで自分のせいだと思いこむようになったりします。




思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。


性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病
posted by utubyo at 13:33 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考力、集中力の低下

●思考力、集中力の低下

うつ病になると、注意力が散漫になり、集中力が低下しますので、
仕事が以前のように進まなくなったり、学校の成績が落ちたりするようになります。

決断力も低下して、ささいなことでもあれこれと考えて何も決められなくなったり、

中高年と言われるような年齢の人は、
自分がボケてきたのではないかと心配したり、

高齢者の場合は痴呆のように見えることがありますが、

痴呆と違って、

抑うつ状態による痴呆のような症状は治療によって改善しますから、
仮性痴呆とも言われます。

痴呆状態がうつ病と間違えられることもあるので注意をしなくてはなりません。

痴呆の場合もうつ病ににていて、
何となく元気がなくなり、記憶力が衰えてきますので、うつ病ではないかと思われることがあります。

高齢者の場合には
うつ病を契機に痴呆を発症して症状が進んでいくということがありますので注意をしなくてはなりません。




性欲の変化

うつ病になると、食欲や性欲といった生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、食欲・性欲・生存欲が人間の基本的な本能ですが、この本能が低下するのが、うつ病です。


自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:うつ病 痴呆
posted by utubyo at 12:58 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性欲の変化

●性欲の変化

うつ病になると、生命活動に関する脳の部分に機能障害が起こると考えられ、

人間の基本的な本能である、食欲・性欲・生存欲、

この本能が低下するのが、うつ病です。


男女とも性的関心がほとんどなくなることが少なくありません。


男女ともに性障害が現れ、
男性はインポテンツに、女性では月経不順になったり、無月経が起こることもあります。

軽いうつ病の場合は、感情の乱れや意欲の減退などの精神的な症状が表面化する前に、性欲の低下という症状が現れることがあります。

性欲の低下という症状が起こった場合、

女性は産婦人科を受診することが多いようですが、男性は気にしないまま放っておくことが多いようです。




自殺願望が生じる

うつ病の症状のなかで、最も重大な問題は自殺で、早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化していきます。




タグ:性欲 うつ病
posted by utubyo at 11:27 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自殺願望が生じる

●自殺願望が生じる


うつ病の症状のなかで、

最も重大な問題は自殺で、

早期に治療を受ければ、比較的容易に回復する病気ですが、未治療のままでいると、自殺リスクのある深刻な病気へと変化してしまい、

気分がどんどん沈み込んでつらくて耐えられないために死んだ方がましだと考えこむようになってきます。


うつ病のときには自分の気持ちをおさえる力が極めて弱くなっていますから、ふつうのときからは考えられないような思い切った行動をすることが多くなります。


うつ病が少し良くなったときほど自殺の危険性が高くなると考えられています。


気分が沈んでしまい何をする気力もなくなっているときは、死のうと思ってもそれを行動に移すだけの力すら出ませんが、

少し症状が良くなると、死にたいと考えれば、その気持ちをすぐに行動に移せます。


元気に見えますのでまわりの人は安心してしまいますが、

抑うつ症状が強かったときの、つらい、つらい、という記憶は簡単には消えないために、本人は良くなったという自覚をもてないことが多く、

絶望的になってしまい、自殺を考えやすくしてしまいます。


うつ病の自殺願望は、


普通の自殺願望と少し異なる「希死念慮(きしねんりょ)」という症状により、自殺をしたいと考える事が多いようです。

希死念慮とは、客観的に理解しがたい理由で死にたいと願う事で、幻聴によるものや、ただ死にたいとか、死が頭から離れないという自殺願望症状になります。




タグ:自殺願望
posted by utubyo at 10:57 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面うつ病の症状と特徴

●●●●仮面うつ病の症状と特徴

身体症状という仮面をかぶったうつ病で、
背後に心理的課題があり、うつ病の特徴的な心理状況があるといわれています。


憂うつ状態など精神的な症状が目立たず、

●頭重感

●胃部不快感

●頻尿

●便通異常

●目まい

●肩こり

●疲労感

●性欲・食欲の低下

など身体に症状が強く出る病状のことを仮面うつ病と言います。


はっきりしない身体症状が続く場合は仮面うつ病を疑ってみる必要があります。

仮面うつ病は、身体症状が前景に出るために、内科や耳鼻科や眼科などを受診されてしまう事が殆どで、

それらの受診科で原因不明のまま延々と治療を行っているケースが非常に多いようです


自律神経失調症や更年期障害など誤った診断をつけられたり「異状なし」と適切な治療がなされないことも少なくありません。


仮面うつ病は医師にとっても見分けるのが非常に難しい病状です。


仮面うつ病にかかりやすい人の性格的特徴は

●几帳面

●真面目

●強い責任感

●凝り性

●完璧主義

●転居・転職など心理的ストレスが続いてしまうことが多い人。


原因がわからない身体の症状である不定愁訴(何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。)が続く場合には直接、精神科や心療内科で受診することをおススメします。




●●●●否定形型うつ病の症状と特徴

普通のうつ病(定型うつ病) では、何があっても元気が出ないのに対し、非定型うつ病は、出来事に反応して気分が明るくなるのが大きな特徴です。
20〜30代の女性の場合、8割が非定型うつ病にあたるといわれています。


●●●●老年期うつ病の症状と特徴

老年期はうつ病を発生しやすい世代です。うつ病の発生が一番多い世代は中年世代ですが、老年期はそれに次いで多く、発症割合は65歳以上の約5パーセントと言われています。


●●●●甲状腺疾患とうつ病

甲状腺は血液中のヨードを取り込んで、2種類の甲状腺ホルモンを分泌し、このホルモンは脳にも作用するので、量が多すぎても少なすぎても、精神状態に悪い影響が起こってしまいます。


●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーで、憂鬱な気分が数週間経っても収まらない場合は注意が必要です。


●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。




posted by utubyo at 16:32 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

否定形型うつ病の症状と特徴

●●●●否定形型うつ病の症状と特徴


非定型うつ病は、何か楽しいこと、いいことがあると、気分がよくなります。

普通のうつ病(定型うつ病) では、なにがあっても元気が出ないのに対し、

非定型うつ病は、過眠や過食が多く、ささいなことで急に落ち込むが、自分の好きな事では気分が良いなど、感情の起伏が大きいのが大きな特徴です。


とくに20〜30代の女性の場合、8割が非定型うつ病にあたるといわれ、男性の3〜5倍多くみられるといいます。


●夕方から夜にぐあいが悪化

タ方になると気持ちが不安定になりやすいのが特徴で、午前中から昼は比較的穏やかに過ごせますが、
タ方から夜になると不安やイライラが高まってぐあいが悪くなる、「サンセット・デプレッション」と呼ばれ、気分が高ぶって泣きわめいたり、リストカット(手首自傷症候群)などをしてしまうこともあります。


●いくら寝ても眠い 過眠

一日の睡眠時間が10時間以上にも及ぶくらい、睡眠時間を長くとっているにもかかわらず、昼間に眠けを感じ、いくら寝ても寝足りないように感じる。


●過食

食べることで気持ちをまぎらわし、甘いものを発作的に食べてしまう、といった過食傾向になり、体重は増加ぎみになります。
また疲労感を越して、手足に鉛がついたように、体が重くなるとい言うかたもいます。


●イライラする

イライラして落ち着かなく、集中力が散漫に、仕事などが手につかなくなります。このため人間関係のトラブルも起きやすくなる。
激しい感情をぶつけてしまったり、逆に相手に拒絶されたと絶望的になり、関係を断つような行動に走りやすくなったりもします。


●人の顔色が気になる

他人からどう見られるかを気にしすぎて、顔色をうかがう傾向がみられ、小さいときからいい子ですね、と言われていた人がなりやすい傾向にある。
他人からの評価が気になってしかたがない、といった不安があり、子どものころから対人恐怖的な傾向もみられます。




●●●●老年期うつ病の症状と特徴

老年期はうつ病を発生しやすい世代です。うつ病の発生が一番多い世代は中年世代ですが、老年期はそれに次いで多く、発症割合は65歳以上の約5パーセントと言われています。


●●●●甲状腺疾患とうつ病

甲状腺は血液中のヨードを取り込んで、2種類の甲状腺ホルモンを分泌し、このホルモンは脳にも作用するので、量が多すぎても少なすぎても、精神状態に悪い影響が起こってしまいます。


●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーで、憂鬱な気分が数週間経っても収まらない場合は注意が必要です。


●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。




posted by utubyo at 15:06 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老年期うつ病の症状と特徴

●●●●老年期うつ病の症状と特徴

うつ病の発生が一番多い世代は中年世代ですが、老年期はそれに次いで多く、

発症割合は65歳以上の約5パーセントと言われています。

年をとると、体が衰えるだけではなく、精神的にも衰えが見られるようになり、
近い将来の自身の死をどのように理解するかが、老年期の課題といえます。


配偶者や知人、友人との死別を経験し、孤独感や人生の結末を感じさせるできごとが多くなり、うつ気分を助長します。


家族に対して怒鳴りちらしたり、要求が多くなって、
ご家族がどのようにしていいものか分からなくなってしまう事があったり、

活動性の低下から会話の反応のにぶさとして現れたりと、


認知症のように見えるときもあります。


老年期の精神疾患はうつ病にしても妄想性精神病にしても再発率が高く、

高齢になればなるほど『早期発見・早期治療』が重要で、

医学的治療だけではなく
孤立させないような温かい人間関係と社会的なサポートによって
発症リスクを下げることができます。


老年期のうつ病は、身体の不調などの身体症状が出ることが特徴ですが、

ときに

●罪業妄想

自分が非常に悪いことをし、罰を受けるというもの

過去に犯した過ちや些細な過失の結果、「生きる価値がない」などと訴える。


●心気妄想、

自信の欠如に目が向いてしまって、身体の不調感を訴える。

実際は病気ではないのに重篤な病気にかかっていると思い込むもので、

健康上のささいな不調から本当は癌では無いのに癌だと思い込んでいるというもの。


●貧困妄想

大きな借金があり、借金取りに追われるなどというもの

根拠もなく経済的困窮状態にあると思い込むもので、、

経済的問題など無いのに僅かな出費から財産がなくなったと訴える場合を指します。


などの妄想などがみられることがあります。

以上の3つの妄想をうつ病の三大妄想といいます。


「うつ病」という発想を頭の隅に置いておきませんと「うつ」を見逃しやすくしてしまいます。




●●●●甲状腺疾患とうつ病

甲状腺は血液中のヨードを取り込んで、2種類の甲状腺ホルモンを分泌し、このホルモンは脳にも作用するので、量が多すぎても少なすぎても、精神状態に悪い影響が起こってしまいます。


●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーで、憂鬱な気分が数週間経っても収まらない場合は注意が必要です。




posted by utubyo at 12:44 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。