スポンサードリンク

甲状腺疾患とうつ病

●●●●甲状腺疾患とうつ病

甲状腺は首の下方についている小さなハート型の臓器で、

外から触ってもよく分かりません。

甲状腺から出る甲状腺ホルモンは、生きていくために必要な、

いろいろな臓器を調節しています。


正常な状態では甲状腺ホルモンは常にほぼ一定の濃度に保たれ、

甲状腺ホルモンによって体にある臓器は正常に働き、元気に生活を送ることができます。

甲状腺は血液中のヨードを取り込んで、2種類の甲状腺ホルモンを分泌し、

このホルモンは脳にも作用するので、

量が多すぎても少なすぎても、精神状態に悪い影響が起こってしまいます。



甲状腺ホルモンが少ないと、


●体の臓器の働きが鈍くなり、

●脳が働かずに眠気が強くなったり、

●物忘れが多くなります。

●集中力の低下

●話し方もゆっくりになり、

●やる気もでず、

●痴呆ではないが、一見痴呆と間違われる

●腸が正常に働かずに便秘に、

●卵巣の機能が低下し、

●心臓の動きもゆっくりになります。


甲状腺機能が低下すると、うつ病でよく見られる症状が現れやすくなり、



分泌過多であると、


精神的に

●落ち着きが無くなったり、

●集中力低下、

●イライラなどの神経過敏、

●不眠

眼が出てくるといった症状(眼球突出、バセドウ眼症)がみられることがあるのも、

この病気の特徴です。


甲状腺機能に異常が生じると、上記のように、精神活動に様々な影響が現れます


甲状腺ホルモンの他にも副腎皮質ホルモン、性ホルモンなども

うつ病の原因になると言われ、

肉体的にも精神的にも支障なく機能させる上で重要な役目を担っています。




●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、涙が出たりするのが、マタニティブルーで、憂鬱な気分が数週間経っても収まらない場合は注意が必要です。


●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。




posted by utubyo at 12:06 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後うつ病の症状と特徴

●●●●産後うつ病の症状と特徴

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、なぜか悲しくなったり、

涙が出たりするのは、

ホルモンのバランスが原因で、

産後2〜3日目になると、わけもなく涙が出てきたり、

家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなることがあります。


これが「マタニティブルー」と呼ばれているものです。


産後1カ月くらいになれば消えていきます。


しかし、憂鬱な気分が数週間経っても収まらず、

以下のような症状が出ている場合は注意が必要です。


●母親としての役割が果たせないと感じる

●育児に自信がないと感じる

●育児に神経質になる

●夫に愛情を感じない

●セックスに興味がない

●子供がかわいくない

●育児を放棄

●月経前後に精神的に不安定になりやすい



ほうっておくと非常に危険な病気で、

密室育児(母子が二人きりの状態)が多いことから

赤ちゃんと一緒に無理心中という事態をひきおこすことがあります。


母親による痛ましい「幼児虐待事件」、その背後にはほとんどの場合産後うつ病が潜んで
いるといわれています。


母親が残虐になってしまったのではなくて、

脳の病気で、母親自身、コントロールがきかなくなっているんです。


実際に、うつ病が発症するのは10%程度、

産後うつ病は出産直後とは限らず、

出産後半年以内いつでも起こり得ると言われています。

死にたい気持ちが生じた時は、すぐに病院を受診してください




●●●●気分変調症の症状と特徴

気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、軽いうつ状態が、児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、持続している状態をさし、気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。



posted by utubyo at 19:16 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分変調症の症状と特徴

●●●●気分変調症の症状と特徴

スッキリしない気分が続く内に、

家族との仲がわるくなったり、仕事がうまくこなせなくなってしまうなど、

日常生活で大きな問題が生じても、

スッキリしない気持ちでいるのが普段の状態になっていますから、

本人は心の病的状態に気付き難いのが実情です。


気分変調症が始まるのは10代、20代の若い年齢が多く、


軽いうつ状態が、

児童・青年期では少なくとも1年間、成人では少なくとも2年間、

持続している状態をさし、

気分変調性障害や抑うつ神経症とよばれることもあります。


原因は、性格の偏りによる場合が多いと考えられています。


問題が表面化して、

精神科や神経科を受診するまでに10年以上経過している事があり、

多くの人は、症状が悪化、重症のうつ病へ移行するといわれています。


気分変調症からうつ病へ移行をすると、

通常のうつ病よりも回復が遅く治りにくいといわれています。

気分変調症は決して稀な病気ではなく、人口の3〜5%に見られ、

その多くが適切な治療を受けていないのが現実のようです。


気分変調症は、早期の治療が大変重要です。




タグ:気分変調症
posted by utubyo at 16:52 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。