スポンサードリンク

うつな人に言ってはいけない言葉

うつな人に言ってはいけない言葉

うつ病の人に一番必要なことは、あたたかさ「温もり」。

人とのつき合いを面倒がったり、人と会話がうまく出来なくても、決して人を拒絶している訳ではありません。

うつ病の人に不可欠なのは、
「あなたはひとりぼっちではない」ということをつたえてあげることです。

うつになると、愛を求め、片方で相手から拒否されないか心配になるからです。



言って欲しくない一言


●頑張れ

これはうつ病の人に言ってはいけない言葉の代表格です。

「頑張って仕事に行かなくちゃ」

うつの人自身が一番「頑張らなくちゃいけない」と思っていて、でも体が動かず、自分を
責めています。


●元気そうだ

うつ病の人は明るく振舞うことがあります。

苦しんでいる自分を見られたくない、迷惑をかけたくない、と思い逆に明るい表情を作っ
たり、冗談を言ったり出来てしまいます。

うつ病の人には「どう、今日の体調は?」と声をかけ、本人が自分の状態を言いやすくし
てあげるのが良いと思います。


●外に出たほうがいい

身体を動かすことができないんです、

布団から出ることさえもオックウなのに、知らない土地に旅行に行くことは大きな疲労の
原因となってしまいます。

また、うつ病患者は基本的には「人の意見を受け入れてしまう人」が多いので、「断って
悪かった」「出来なくて自分はダメだ」と自分を責めてしまうんです。


●前みたいに 昔のように

うつ病の人は「なぜ昔のように出来ないのか」って思っています。

「前みたいに」と言われても、「なりたくても、なれないよ」と言うことになるわけです。

また前のようになったらうつ病になってしまうのではとも考えます。


●病は気から 気の持ちよう

うつ病は脳の神経伝達物質のトラブルにより起きる病気ですから、自分でコントロールす
ることは出来ません。

うつ病の人は、それでも「自分はうつなの?ただの落ち込みなの?」とモンモンと悩み続
けています。

追い討ちをかけるようなこの言葉はよくないです。


●暇でいいね

どんなに元気そうに見えても、「休暇」ではなくて「休職」です。

今まで仕事していた人が1ヶ月休むなんて、なにかの「病気」と考えるのが妥当な考え方
だと思います。


うつ病の人は、そのことで、悩んで苦しんでいますから、暇でいいねは、よくないですね。


●笑って

うつ病患者は喜怒哀楽を表現しにくくなっていますので、泣いたり笑ったりすることはう
まく出来ないんです。




うれしい一言


●大丈夫

●一ヶ月くらい休みもらおうよ

●好きなだけ寝たりすればいいよ

●一年休んだことあるよ


うつ病の人は言葉を「否定的」に受け止めがちです。




タグ:うつ うつ病
posted by utubyo at 10:32 | うつな人に言ってはいけない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。