スポンサードリンク

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)(PMS)

●月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)(PMS)

排卵後から月経が始まるまでの間(基礎体温が高い時期)に、


身体の変化

●胸のはり

●腰痛

●肩こり

●むくみ

●便秘

●下痢

●頭痛

●吹き出物

●眠気

●疲労感など


心の変化

●イライラ

●憂鬱

●過食

●無気力

●集中力低下など

身体の変化、心の変化の波が起こることをいいます。


自分の感情をコントロールできなくなり、自分にとって一番心許せる人に当たってしまったりすることがあり、

周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)です。

別名、月経前緊張症といいPMSとも呼ばれ、Premenstrual Syndromeの略です。

月経が始まると同時にこれらの症状は治まってしまうケースがほとんどで、

排卵後のホルモンバランスの変化によるものと言われていますが、まだはっきり分かっていません。




産後うつ病

うつ病がやや出やすくなります。一般女性のうつ病になる確率は女性全体の
12〜13%といわれていますが、産後3ヵ月以内の女性は、統計的にそれより高い頻度で発症するといわれています。


更年期うつ病

更年期の女性たちは忙しく追われてきた子育てが一段落し、子供がそろそろ
独立し、やがて親のもとを巣だっていく頃にあたります。家庭は空っぽになって孤独感や虚無感に襲われ、肉体的にも精神的にも不安定な時期でもあります。




posted by utubyo at 09:39 | うつ病の症状・種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病の症状 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。